死後 高級な世界へ行く方法

霊能力

あまり詳しい仕組みは霊能力を開発してしまうので止めておきますが、人間は誰でも幽体を持っていますので、 誰でも幽霊を見たり幽霊の声を聞いたりする事は可能です。

霊能力者の中には、自分たちの霊能力を神から与えられた特別な能力や、生まれ付き身に付いている特別な能力などと言いますが、幽体を持っていない人間はいませんので誰にでも可能な能力です。

霊能力は大変危険な能力で、未熟なうちに開発してしまうと魂の質は低くなってしまいます
未熟な幽体では未熟な霊魂しか見えませんし、未熟な霊魂が365日、24時間次から次へとやって来ます。 未熟な霊魂と言っても霊的な質が低いだけであって、物質中心の人間から見れば中には表面的には優しく正義感の溢れる霊魂や、あらゆる宗教哲学や倫理、道徳、歴史、政治等々の知識が豊富な霊魂もいます。
更に自分の過去や考えている事を細かく調べている霊魂もいたり、しかも彼らは不便な肉体を持っていませんし、何千年もの間、大勢の人々を騙し続けて来たプロです。

ある程度本物の修行をした人であっても簡単に騙されてしまいます。

そうした危険な能力を生まれ付き持っていたり、不調で身に付いてしまったり、未熟な霊魂と訓練して身に付けた人たちが今の世の中の自称霊能力者には多いと思います
その証拠に、 彼らは高級な世界へ行く仕組みや方法を知りません。
これが未熟な霊魂としか交流する事が出来ない、未熟な霊魂に操られている大きな証拠です。

死後の世界があり、死後の世界には上下高低があり、いずれ必ず自分も死後の世界へ行く事を確実に分かっていながら、高級な世界へ行く仕組みや方法は知らない。

しかも大物の邪霊が憑いている霊能力者なら、世の中にデタラメを広め、大勢の人々の質を低くしようとします。

くれぐれも未熟な霊能力者に騙されないように気を付けて下さい。その霊能力者本人でさえ自分が騙されているなんて夢にも思わず、真剣に困っている人の為になる正しい事をしているつもりでいます。

本物の高級霊魂の指導により修行しなければ霊体は成長しません。
霊体が未熟なのに霊質の存在を感知出来る訳がありませんし、神体を持っていないのに神質の存在を感知出来る訳がありません。

霊能力は本物の高級霊魂の指導により、霊体を成長させ、神体を持ち、神体を成長させてから身に付けるもので、 その前に身に付いてしまうと今まで修行を積んで来た人でも未熟な霊魂に操られて一気に下がってしまう大変危険な能力です。