Dr(ドクター)ケアワン|楽天に最安値なし!涙やけへの効果やメリットとデメリットを分析!

Dr(ドクター)ケアワン|楽天に最安値なし!涙やけへの効果やメリットとデメリットを分析!

Dr(ドクター)ケアワン
Dr.carewan 
できればお得に購入したいですね。
そこで、購入できる全ての通販サイトの販売状況を調べました。

 

その結果お得な通販最安値は、こちらです!!

 

ドクターケアワンの価格1,980円

 

Dr(ドクター)ケアワンは、
東急ハンズ、ロフト、プラザなど一般店舗では販売されてなく通販だけです。

 

また、通販大手の楽天市場やAmazon、Yahooショッピングでも販売していませんでした。

 

【目次】


 

Dr(ドクター)ケアワンって?

 

Dr(ドクター)ケアワンは、獣医監修ではなく、
動物栄養学博士の監修のもと、誕生した良質なドッグフードです。

 

無添加で作られている他に、玄米や大麦を配合して

  • 腸内環境の調整する成分
  • 涙やけ対策の成分
  • 足腰をサポートする成分

これら豊富な効果的な成分が配合されています。

 

この先もずっと、ワンちゃんに元気でいてほしいなら、ドッグフードから見直すべきです。

 

特に、涙やけがひどいワンちゃんは、胃腸が弱っているかもしれないので要注意です!

 

私は、今年7年目のロングコートチワワを飼っています。

 

色々なドッグフードを試しましたが、
最終的にこの「Dr(ドクター)ケアワン」を選びました。

 

今回は、動物栄養学博士監修のDr(ドクター)ケアワンの特徴や効果、さらに、使ってみてはじめてわかったについてお話しします。

 

ぜひ参考にしてください。

 

ドクターケアワンの写真

 

 

そういえば最近、オークションが激安というウワサをよく聞きますが危険です。

 

なぜなら、

保証もない クレーム対応もない 当然返金保証もありません。

 

ヒドイと類似品もあります。

 

 

Dr(ドクター)ケアワン 分析・検証開始

 

Dr(ドクター)ケアワンとは、動物栄養学博士監修の国産の無添加ドッグフードです。

 

足腰をサポートする入っており、シニア犬のドックフードとしてもおすすめです。

 

高齢になるほど、弱る胃腸をサポートする
玄米や大麦が使われており、腸内環境ばっちり整えてくれます。

 

さらに、良質のたんぱく質を含んだ
鶏肉などを使用
しているので、筋肉の強化にもつながりますよ。

 

離乳後の子犬からシニア犬まで、
安心して与えられ、粒が小さいので食べやすいと評判です。

 

 

胃腸の状態を整えて、
消化器官の働きの強化をすることで、涙やけの対策もできます。

 

ワンちゃんの体のことを考えて、無添加のドッグフードを検討している飼い主さんに、是非オススメしたい良質なドッグフードです。

 

Dr(ドクター)ケアワンは何がすごい?

無添加の国産のドッグフードは、山ほどありますね。

 

 

でも、その中でも一際目立って
Dr(ドクター)ケアワンが支持されているのは、ちゃんと理由があるからです。

 

ここで、Dr(ドクター)ケアワンの最も優れている点をご紹介します。

 

動物栄養学博士だから質が違う
ドクターケアワンは獣医ではなく、

  • 動物栄養学博士・獣医師
  • ペット栄養管理士・獣医師

この専門家2人が監修しているから、質が違います。

 

監修していいる動物学博士・獣医師

 

桜井富士郎
動物栄養学博士(学術)
慶応義塾大学訪問教授
日本動物看護学会理事長
桜井動物病院院長

 

監修していいる・ペット栄養管理士獣医師

 

島田真美
獣医師 ペット栄養管理士
NRサプリメントアドバイザー
帝京大学非常勤講師
日本ペット栄養学会誌編集委員

 

Dr(ドクター)ケアワンは、
特に、栄養面で細かい工夫がされています。

 

獣医は、ワンちゃんの病気に詳しい医師であり、
動物栄養学博士は、ワンちゃんの栄養に詳しい博士です。

 

栄養バランスを整えることは、
ワンちゃんの健康維持の上でとても大切なことです。

 

しかし、ドッグフードによってはワンちゃんに必要な栄養素が入っていないことが多く、ドッグフードによって高齢になった時の健康状態に差が出てくるのです。

 

添加物不使用で安心
Dr(ドクター)ケアワンには、添加物が一切含まれていません。

 

一般的なドッグフードには、ほとんどの場合、合成添加物が含まれています。

 

 

ワンちゃんの体にすぐに異常が出るわけではありませんが、
ずっと食べ続けることで、だんだん体調が悪くなってくるケースが多いです。

 

添加物のせいで免疫力が下がり、病気にかかりやすくなるという話もよくあります。

 

Dr(ドクター)ケアワンには、一切添加物が含まれてない上に、栄養面バッチリで食べ続けるほどに、ワンちゃんが健康になります。

 

玄米と大麦配合で腸内環境を整える
一般的なドッグフードには、主な原材料として

  • 小麦粉
  • 大豆
  • とうもろこし

これらが使用されていることが多いです。

 

これらの材料は、ワンちゃんの
消化不良の原因になるのでできるだけ、控えた方がいいですね。

 

Dr(ドクター)ケアワンの主な原材料は、玄米や大麦です。

 

人間の主食でも玄米が注目されていますが、
それは、食物繊維が豊富に含まれているからなのです。

 

食物繊維をたくさんとることで、腸内環境が整いやすくなります。

 

腸内環境を整えて消化不良を防ぐと、
免疫力がアップして、アレルギーなどが起こりにくくなります。

 

すると、だんだん涙やけも解消されてくるのです。

 

足腰をサポートする成分配合
Dr(ドクター)ケアワンには、関節の機能をサポートするグルコサミンやコンドロイチンなどの成分が含まれています。

 

ワンちゃんも人間と同じで、年齢を重ねるごとに、
関節の機能が低下し、足腰を痛めやすくなります。

 

でも、高齢になる前に、グルコサミンや
コンドロイチンなどの成分を摂取することで、足腰の老化を防げます。

 

もちろん、シニアになってからの足腰サポートにも役立ちます。

 

さらに、良質な動物性たんぱく質が含まれた
九州産の若鶏肉を使用しているため、筋肉が強化されて足腰を傷めにくくなります。

 

涙やけの原因を根本から改善できる
Dr(ドクター)ケアワンには、添加物は一切含まれていないので、涙やけの原因を根本から改善することができます。

 

涙やけの原因のほとんどが、ドッグフードに含まれている添加物です。

 

添加物が含まれたドックフード
与え続けることで、涙腺などのあらゆるところの穴がつまりやすくなります。

 

涙腺の場合は、涙やけとなって表面化するのです。

 

また、胃腸の機能が低下すると
アレルギーにもなりやすくなり、アレルギーの症状も重なって涙やけが慢性化します。

 

Dr(ドクター)ケアワンなら、涙腺などを詰まらせる心配もなく、腸内環境の整えてくれるので、アレルギーを防止し、涙やけを根本から解消してくれます。

 

Dr(ドクター)ケアワンの原材料は?

 

動物栄養学博士の監修のもとに
誕生したDr(ドクター)ケアワンには、一体どんな成分が含まれているのか?

 

ここで、一つ一つの原材料と成分をご紹介します。

 

鶏肉

鹿児島県産の新鮮な若鶏肉が使われています。
鶏肉は牛や豚などに比べると低カロリーなのに、高タンパク質です。

 

良質なタンパク質を摂ることで、筋肉が増加しやすくなります。

 

大麦

食物繊維が豊富に含まれた熊本県産の大麦が使用されています。
食物繊維は、ベータグルカンでワンちゃんの腸内環境をバッチリ整えてくれます。

 

玄米

福岡県産の玄米も使用されています。
低GI値で食物繊維やビタミンEがたっぷり含まれた良質の玄米です。

 

低GI値は血糖値の急な上昇を防ぐことで
肥満を、ビタミンEは高い抗酸化力で老化を防止してくれます。

 

食物繊維は、大麦と共に腸内環境を整えるのに役立ちます。

 

ビール酵母

ビール酵母は善玉菌を増やすことで、腸内環境を整えてくれます。
腸内環境が整うと、免疫力が上がり、アレルギーなど起こしにくくなります。

 

グルコサミン

エビやカニから採れたグルコサミンが、
関節の動きをスムーズにするサポートをしてくれます。

 

関節の可動域が狭まり、
足腰の動きが鈍っているシニア犬に特におすすめです。

 

コンドロイチン

関節の動きをスムーズにする軟骨の成分のひとつに、コンドロイチンがあります。
ドクターケアワンには、鮭から採れたコンドロイチンが配合されています。

 

グルコサミンとともに、関節の動きのサポートをしてくれます。

 

その他には

  • こんぶや人参
  • 青じそ、しいたけ
  • 大根葉、パセリ、ゴボウ

なども使われているため、特に食物繊維が多く腸内環境を整えられます。  

 

消化器官の機能が向上すると、涙やけも起こりにくくなります。

Dr(ドクター)ケアワンを使ってみてわかったメリットとデメリット

 

最初にお話ししましたが、
私は、今年7年目のロングコートチワワを飼っています。

 

昔から、ドライアイで涙が出やすかったのですが、最近特に、
涙やけがひどくなってきたので、Dr(ドクター)ケアワンを試してみました。

 

実際に、Dr(ドクター)ケアワンの
愛犬に与えてみてわかった、メリットとデメリットをまとめます。

 

メリット

まず、食べさせて良かった、メリットから紹介します。

 

涙やけが軽減された
一番心配していた涙やけが少しましになりました。
Dr(ドクター)ケアワンを与えて、1ヶ月ぐらいで涙の量が減りました。

 

関節の動きがスムーズになった
今年で7年目のチワワですが、今までのドッグフードはあまり良くなかったせいなのか、段差がある所で移動する時に、関節をかばうような動きをよくするようになりました。

 

でも、Dr(ドクター)ケアワンを食べて
一ヶ月後ぐらいから、階段をスムーズに昇り降りできるようになりました。

 

進んで食べるようになった
以前のドッグフードは、容器に入れてから食べるまでに少しためらいがありました。

 

でも、Dr(ドクター)ケアワンは
最初に与えた時から、進んで食べていたのが印象的でした。

 

毛並みが綺麗になった
ロングコートチワワなので、毛が長くて艶を保つのが大変でした。
でも、Dr(ドクター)ケアワンを食べるようになってからは、毛の艶がだんだん出てきてお手入れがあまり必要なくなりました。

 

デメリット

続いて食べさせてから感じた、デメリットについて紹介します。

 

最初は下痢になって少し大変だった
Dr(ドクター)ケアワンは、無添加ドッグフードなので安心していましたが、急にドッグフードを変えたことで、最初だけ下痢になって少し大変でした。

 

なので、途中からこれまでのドッグフードとDr(ドクター)ケアワンを混ぜて与えてみました。

 

すると、下痢をしなくなったので、
少しずつDr(ドクター)ケアワンの割合を増やしていきました。

 

チキンが合わないこともある
ワンちゃんのその日の体調によっては、Dr(ドクター)ケアワンの主な原料の鶏肉が合わないことがあるかもしれません。

 

家のワンちゃんの場合は、
最初だけチキンが合わなくて、嘔吐している日がありました。

 

でも、一週間ぐらいで慣れたようでその後嘔吐は一切なくなりました。

 

穀物でアレルギーを起こすことがある
Dr(ドクター)ケアワンには、穀物の大麦や玄米が使われています。
ワンちゃんはもともと、肉食だということもあり穀物は受け入れにくい体質です。

 

それによって、アレルギーを起こしてしまうワンちゃんもいます。

 

穀物を使わないドッグフードが増えているのもあり、
穀物アレルギーにもう少し気を使って欲しいと思いました。

 

こんなワンちゃんにおすすめ!

 

Dr(ドクター)ケアワンは、こんな症状のワンちゃんにおすすめです!

  • 涙やけで目の周りが変色している
  • 階段などを登るのが辛そう
  • 餌が美味しくなさそう
  • 睡眠時間が増えた
  • 毛にツヤがない

心当たりがある症状があるなら、
ぜひDr(ドクター)ケアワンを試してみていただきたいです!

 

 

Dr(ドクター)ケアワン

https://hc-refre.jp/

 

Dr(ドクター)ケアワンの口コミ

 

それでは、Dr(ドクター)ケアワンの評判を口コミから分析してみたいと思います。

 

結論的には、良い口コミが圧倒的に多いです。
もちろん、悪い口コミも少しはあります。

 

参考になるように、良い口コミ、悪い口コミ、どちらも紹介します。

 

良い口コミ

まず、Dr(ドクター)ケアワンを食べさせて良かった口コミから。

 

 

 

かなりのシニア犬で固いドッグフードが食べられないので、ふやかしてからあげています。

ドクターケアワンは粒が小さいのでふやかしやすくて助かっています。パグ10歳


 

 

 

原材料の産地が明確になっているので安心して与えられます。

意外に産地が書いてなかったりするんですよね。
トイプードル8歳


 

 

 

ひどかった涙やけが1ヶ月ぐらいで治りました。

フレンチブルドッグ11歳


 

 

 

原材料の質の良いし、余計なものが入っていないのでダイエット食にもなります。

チワワ11歳


 

あまり良くない、悪い口コミ

続いて悪い口コミです。本当に少ないので見つけるのが大変でした。

 

 

 

大麦とか玄米が使われているからか穀物アレルギーを起こしてしまいました。

シーズ9歳


このように少しだけ悪い口コミもありますが、圧倒的に良い口コミの方が多いです。

 

腸内環境整えるために使われている穀物のアレルギーが、ちょっと気になる点ではあります。
また、原材料の産地が書いてあるのは、飼い主さんとってすごくありがたいですよね。

 

Dr(ドクター)ケアワンについて まとめ

 

特にチワワのように目が大きい犬種は、涙やけになりやすいです。

 

 

でも、チワワは目が大きいのがチャームポイントですよね。

 

毎日のドッグフードをDr(ドクター)ケアワンに変えるだけで、
チワワでも涙やけを防止することができます。

 

また、体調も良くなり、この先の健康維持にも役立つので、オススメです。

 

 

Dr(ドクター)ケアワン

https://hc-refre.jp/

 

涙やけの症状と原因は?

 

ドッグフード選びも大切ですが、
ここでは愛犬のために知っておいて欲しいミニ知識を紹介します。

 

ドッグフード選びをする前に、
ワンちゃんの涙やけの症状と原因を正しく知っておきましょう。

 

ワンちゃんの涙やけの症状と原因は、次の通りです。

 

涙やけの症状

代表的な涙やけの症状はこちらです。

 

よく涙が出ている
少しくらいの涙なら問題はありませんが、頻繁に涙が出る場合は要注意です。

 

目の周りが茶色くなっている
涙が溜まっている場所が茶色くなっている場合も、かなり要注意です。

 

鼻や口の周りも茶色い
目の周りだけでなく、鼻や口の周りも茶色い場合は、さらに要注意です。
アレルギー反応が出ている可能性が高いです。

 

涙やけの原因

続いて、代表的な涙やけの原因です。

 

ドックフードなどでアレルギーを起こしている
ドッグフードの添加物や消化の悪い小麦粉、大豆などを食べ続けることで、アレルギーになり、涙やけが起こっているケースが多いです。

 

花粉やハウスダストでアレルギーを起こしている
体の内側からではなく、環境的な問題である理由を起こして、涙やけになっていることもあります。

 

ドライアイなどの目の異常
ドライアイなどで涙が出すぎて、涙やけが起こっているケースも多いです。
特に、シニア犬に多いです。

 

涙やけを放置すると大変!早めの対策を!

 

涙の量が多い、目やにが多いなどの
涙やけの症状を軽く見て放置しておくと、大変なことになります。

 

涙や目やにが溜まることで、
そこからバクテリアが増殖して目の周りがただれていきます。

 

また、バクテリア増殖により匂いも強くなるので、
ワンちゃんとのスキンシップの際に不快感が出てきます。

 

何よりもワンちゃんの目の周りから皮膚炎とバクテリアが増殖して、ただれが広がっていく恐れがあるので、1日も早く内側からのケアをするべきです。

 

内側からのケアで一番大事なのは、ドッグフードです。

 

外側から薬を飲んだり、目薬をさしたりするのではなく、
まずドッグフードを変えることが大事だと、今回特に実感しました。

 

そういう意味で自信を持って、
ワンランク上のドッグフード・Dr(ドクター)ケアワンをイチオシします!

 

 

Dr(ドクター)ケアワン

https://hc-refre.jp/

 

Dr(ドクター)ケアワン 楽天市場&Amazonの検索結果

 

Dr(ドクター)ケアワンをお得に買うなら、
まず楽天市場やAmazonを思いつく方も多いはずですね。

 

楽天市場とアマゾン(amazon)をそれぞれ検索しました。

 

Dr(ドクター)ケアワン 楽天市場の販売状況

残念ながら現時点では、楽天市場では販売していません。

 

Drケアワン、ドクターケアワンで検索しても違う商品が表示されます。

 

 

 

 

Dr(ドクター)ケアワン アマゾン(amazon)の販売状況

こちらも通販サイトでは大手ですね。
Dr(ドクター)ケアワンをアマゾン(amazon)でチェックしました。

 

Amazonも楽天市場と同じく、販売していません。
違う商品が表示されます。

 

 

 

 

以上のように、Dr(ドクター)ケアワンは楽天市場もAmazonも販売されていません。

 

 

最近インターネットオークションなどで、《Dr(ドクター)ケアワン》が販売されている場合もありますが、これらの商品はメーカーの保証が一切ありません。そのため実は出品者の手元に長期間在庫として保管されている場合もありますし、もっと悪質な場合は、類似品の場合もあります。

 

 

逆に、類似品が出回るほど、《Dr(ドクター)ケアワン》は人気がある証拠になるかもしれませんが、真剣に『愛犬の健康』を心配しているアナタにこのような、悪質な商品を使っていただきたくありません。

 

 

Dr(ドクター)ケアワン
Dr.carewan 

安心して購入するには公式サイトがおすすめですよ♪

 

ドクターケアワンの価格1,980円

 

Dr(ドクター)ケアワン

https://hc-refre.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考サイト:
一般社団法人 ペットフード協会